お正月に食べるおせちの意味は

お正月に食べるお祝いの料理をおせち料理と言います。

漢字では御節料理と書きます。

また、単に「おせち」とだけ言うこともあります。

なにげなく「おせち」と言っていますが、この意味をきちんと言えるという人はいるのでしょうか。

本来、おせちというのは暦上の節句(節供)のことを言います。

この節句に作られる料理をおせち料理と言いました。

しかし現在では、一番初めの節句つまりお正月の料理を表す言葉となっています。

もともとおせちは、節供(せっく)料理の意味で、五節供の料理の一つです。

五節供ですが、一月一日の元旦、三月三日のひな祭り、五月五日のこどもの日、七月七日のたなばた、九月九日の重陽のことを指します。

平安時代に朝廷がこういった節日に行われる行事(節会せちえ)で神様にお供えしたり、食べたごちそうのことを御節供(おせちく)と言いました。

それがおせちと略され、江戸時代には今の正月の料理を表す言葉になったとされています。

お正月料理のことをおせちだと思っていましたが、もともとはそうではなかったのですね。

おせちに入っている料理それぞれにも意味があります。

例えばエビなら腰が曲がるまで丈夫で長生きするという意味がありますし、昆布巻きならよろこぶ、という言葉にかけています。

栗きんとんは、漢字で書くと「栗金団」で、その色から黄金に見立てて財産を表します。

富を得る意味で、今年も豊かでありますようにという願いを込めるのです。

それぞれに意味があるおせち、今度のお正月はその意味をかみしめながら食べてみましょう。

こちらも参考にどうぞ…http://www.mamnonnangsommai.com/